私たちアイアンドエルソフトウェア株式会社は、高品質なソフトウェアとそれに関わるサービスを通じて、
お客様に最上級の満足(=I&L QUALITY)を提供します。

HOME>事業情報>ソフトウェア受託開発サービス>高品質なソフトウェアのための取り組み

ソフトウェア受託開発サービス

高品質なソフトウェアのための取り組み

品質管理専任グループの設置

弊社規模のソフトウェア開発会社で品質管理の専任者を配置している企業は多くないでしょう。

弊社では、品質管理専任の部署として、「社長室 品質管理グループ」を設置し、本部署を軸として以下のような活動を推進することで、社内の品質管理・業務標準化を推進しています。

マネジメントシステムの
改善・維持・運用
品質管理に関する以下の規定類の改善・維持・運用を行っています。
  • プロジェクト管理規定
  • ソフトウェア開発標準
  • 情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)規定
プロジェクト支援 プロジェクト運営に関して以下の支援を行っています。
  • プロジェクト開始時のプロジェクト計画書の審査
  • プロジェクト完了時のプロジェクト完了報告書の審査
  • プロジェクト成果物納品時の納品物審査
  • その他、プロジェクトの品質管理についての助言・指導
品質に関する
社内研修の実施
以下の社内研修の実施を担当しています。
  • 情報モラル研修
  • 品質管理研修(初級編・中級編・上級編)
  • プロジェクト管理規定研修(説明編・メンバ基本編・メンバ上級編・リーダ基本編・リーダ上級編)
  • ソフトウェア開発標準研修(説明編・下流工程編・中流工程編・上流工程編)
  • コンプライアンス年次研修
社内向け品質管理の
啓蒙活動
以下の啓蒙活動を行っています。
  • 品質管理メールマガジンの発行(毎月発行)

ページトップに戻る

プロジェクト管理規定・ソフトウェア開発標準に則った
プロジェクトの遂行

弊社では、社内のプロジェクト遂行のルールとして「プロジェクト管理規定」「ソフトウェア開発標準」を定め、それに則ってプロジェクトを遂行することで、より根本的なソフトウェアプロダクト、サービス、およびプロジェクトの品質向上を推進しています。

「プロジェクト管理規定」
に則ったプロジェクト管理
社内のプロジェクト運営のルールとして「プロジェクト管理規定」を制定しています。
弊社内のプロジェクトは、この規定に則って運営しています。 これにより、各プロジェクトの品質・コスト・納期のバランスの維持・向上を図っています。
「ソフトウェア開発標準」
に則ったソフトウェア開発
社内のソフトウェア開発のガイドラインとして「ソフトウェア開発標準」を制定し、運用しています。
お客様が指定した開発標準がないケースについては、このソフトウェア開発標準をガイドラインとして使用しています。 これにより、開発ソフトウェアの品質特性(機能性、信頼性、使用性、効率性、保守性、移植性)の維持・向上を図っています。

ページトップに戻る

定量的・定点的なプロジェクト進捗管理

弊社では、以下に示す「業務日報」「週間作業報告書」「プロジェクト週間ミーティング」「お客様への定期的なご報告」を行うことで、定量的・定点的なプロジェクト進捗管理を徹底させています。

業務日報→習慣作業報告書→プロジェクト週間ミーティング→お客様への定期的なご報告→業務日報=定量的・定点的プロジェクト進捗管理

業務日報
  • 全社員が毎日報告します。
  • プロジェクトリーダはメンバの業務日報を毎日確認します。
  • メンバの進捗状況、問題点、解決手段と期限、勤怠を定量的に把握します。
週間作業報告書
  • プロジェクトの一週間の総括報告として、プロジェクトリーダが作成します。
  • 毎週月曜日に担当マネージャに報告します。
  • プロジェクト全体の進捗状況、問題点、解決手段と期限を定量的に把握します。
週間ミーティング
  • 毎週必ず実施します。
  • 担当マネージャ・プロジェクトリーダ・プロジェクトメンバ間の意識合わせとして行います。
お客様への定期的なご報告
  • お客様との取り決めに基づいて実施しています。
  • お客様との意思疎通を重要視しています。

ページトップに戻る

各種階層別研修の実施

弊社では、以下の階層別研修を実施し、社員一人一人の品質に対する意識・スキル・知識の向上を図ることで、より根本的なソフトウェアプロダクト、サービス、およびプロジェクトの品質向上に努めています。

メソドロジ研修/
プロジェクトマネジメント研修
品質管理研修 プロジェクト
管理規定研修
ソフトウェア
開発標準研修
新人 適用業務プログラムのテスト 入門編
(品質管理の基礎知識)
説明編
(本規定の全容把握と導入促進)
説明編
(本標準の全容把握と導入促進)
初級編
(開発の各工程での品質向上手法)
メンバ基本編
(メンバ必須チェック項目)
下流工程編
(機能設計~結合テスト工程での成果物の精度向上)
若手 ビジネスアプリケーションシステム開発の設計研修 中級編
(デザインレビュー技法
・テスト技法)
メンバ上級編
(各プロセスの詳細、メンバ必須チェック項目)
中流工程編
(基本設計/総合テスト工程での成果物の精度向上)
中堅 PM基礎10のステップ 上級編
(プロジェクト管理手法)
リーダ基本編
(計画/見積りの詳細、リーダ必須チェック項目)
上流工程編
(提案/要件定義/運用テスト工程での成果物の精度向上)
ビジネスアプリケーションシステムの要件定義 実践トレーニング リーダ上級編
(引合/要求検討/納品等、リーダ必須チェック項目)
プロジェクトの計画技法研修
プロジェクトの運営技法研修
リーダ 磨こう!プロジェクトのリスクマネジメント研修
磨こう!プロジェクトの品質マネジメント研修
ページトップに戻る