私たちアイアンドエルソフトウェア株式会社は、高品質なソフトウェアとそれに関わるサービスを通じて、
お客様に最上級の満足(=I&L QUALITY)を提供します。

HOME>事業情報>ソフトウェア開発品質向上支援サービス>期待できる導入効果・メリット

ソフトウェア開発品質向上支援サービス

期待できる導入効果・メリット

本サービスを活用するメリット

①作成する品質向上基盤の質に関して、ゼロレベルからではなく、
質的にある程度のレベルから作成をスタートさせることができます。

ご提供させていただく素材のすべては、弊社が、それなりの時間と工数を投入して作成し、長期にわたるさまざまな経験や失敗を踏まえて改善してきたその結果ですから、たとえ各種素材の中に貴社で活用できない部分があったとしても、ゼロからプロジェクト管理規定等や、品質管理研修の仕組みを作成する場合と比較して、「より質の高いスタート地点から品質向上基盤の構築に着手する」ことができます。

②より少ない時間と工数で、貴社にふさわしい品質向上基盤を構築することが
できます。

①と同様の理由で、ゼロからプロジェクト管理規定等や、品質管理研修の仕組みを作成する場合と比較して、「より少ない時間と工数で、貴社にふさわしい品質向上基盤を構築する」ことができます。

ページトップに戻る

本サービスの導入効果

素材カテゴリ 内容 期待できる導入効果
プロジェクト
管理規定
プロジェクトにおける受注から保守までの一連の流れをプロセスとして規定し、それぞれのプロセスにおける管理の方法を示します。すべてのプロジェクトは、本規定に従って運営を行います。
  • プロジェクトにおける受注から保守までの一連の流れを規定することを通して、全社的なプロジェクト管理のレベルの統一・底上げを行うことができます。
  • 本規定に従ったプロジェクト運営を行うことにより、より高いレベルでのQCDの達成を図ることができます。
ソフトウェア
開発標準
ソフトウェア開発における要件定義から運用テストまでの各工程で作成されるドキュメントの項目立てや記述内容などの作成標準を記載します。また、その他ビジネスでよく用いられるドキュメントについてもガイドします。
  • ソフトウェア開発で作成されるドキュメントの項目立てや記述内容の標準化などを通して、ドキュメントの品質の統一・底上げを行うことができます。
  • プロジェクトのドキュメントの項目立てや記述内容が統一されることで、業務効率を向上させることができます。
階層別
プロジェクト
管理規定研修
技術者の職位に応じて階層別に、それぞれの階層で必要となるプロジェクト管理規定の知識を習得させます。
  • 技術者各人が共通のプロジェクト管理の知識を持つことにより、全社的なプロジェクト管理のレベルの統一・底上げを行うことができます。
  • 技術者各人がプロジェクト管理規定をより深く理解することで、プロジェクト管理規定に従った、より実効性のあるプロジェクト運営を推進することができます。
階層別
ソフトウェア
開発標準研修
技術者の職位に応じた階層別に、それぞれの階層で必要となるソフトウェア開発の知識を習得させます。
  • 技術者各人がソフトウェア開発での成果物ドキュメントの構成・内容について共通の知識を持つことにより、全社的なドキュメントのレベルの統一・底上げを行うことができます。
  • 技術者各人がソフトウェア開発標準をより深く理解することで、ソフトウェア開発標準に従ったソフトウェア開発を推進することができます。
階層別
品質管理研修
技術者の職位に応じた階層別に、品質管理のイロハから具体的な手法、効果的なプロジェクト管理のあり方まで、品質管理に必要な知識とスキルを習得させます。
  • 技術者各人が共通の品質管理の知識を持つことにより、全社的な品質管理のレベルの統一・底上げを行うことができます。さらに品質中心の企業文化の醸成につながることも期待できます。
  • 技術者各人の立場に応じた品質管理への取組みの理解を通して、より効果的な品質管理を行うことができるようになります。
ページトップに戻る