Technical training for three months

3ヶ月間の技術研修

TOP  >  I&Lの強さのひみつ  >  3ヶ月間の技術研修

当社はなぜ、
「C言語による技術研修3ヶ月間」を
“実務経験者”にも課しているのか。

技術研修担当 人材育成グループ・主任S.T

“I&L QUALITY”の基礎を身につける

 当社の技術研修は、研修課題に取り組む3ヶ月間のカリキュラム。

 課題に取り掛かり、できあがったら提出して、レビューを受ける。課題とは、つまり「C言語でプログラムを試作する」ことですが、不足や誤りがあれば、指摘を受けます。「ひととおり動作する」レベルのプログラムが書けても、そこがゴールではありません。優れたプログラムは、無理や無駄のない、すっきりとした形をしているものです。そういうレベルに達することを目標に課題に取り組むのです。

 研修期間は「お客様に最上級の満足(=I&L QUALITY)を提供する」ための基礎を身に着けるためにあります。求められるレベルに達するために必要であれば時間をかけてもらうこともあります。課題を通じて技術だけではなく、最高の品質を追求し続ける技術者としての基本姿勢を学んで欲しいと思っています。

朝から晩まで“勉強漬け”の研修期間

朝から晩まで“勉強漬け”の研修期間

“自己流”の技術では長続きしない

 当社では、社会人経験ゼロで入社する新卒者はもちろんのこと、SEとしての実務経験を積んで転職してきた人にも、同じ内容の新入社員研修を行っています。この研修を経ずに現場に入ることはありません。

 特にC言語については、基礎から体系的にしっかりと学んでもらっています。この言語を押さえておけばソフトウェア技術全般に対する理解が容易になるからですが、実際に研修を行ってみると、C言語を体系的に理解している“プログラミング経験者”は意外に少ないことに気付かされます。多くの人が“自己流”でC言語を使い、「とりあえず動けばOK」という感覚でプログラムを書いています。これでは“すっきりとした形”のプログラムなど作れるものではありませんし、デバッグや機能拡張の際にもトラブルが起こりがち。

 「Cを基礎から学ぶ」と言われて怪訝な顔をする“経験者”も少なからずいます。研修を始めてみると、たいていの人が「目からウロコ」と言い始めますが、長い経験の間に身に付いてしまった“自己流の悪癖”がなかなか消えず苦労する人もいます。こうなると、必ずしも“経験者が有利”ともいえません。素直に学べる人の勝ちです。

 いずれにせよ、自己流の技術では長続きしません。その逆に、技術を体系的に正しく理解すれば、自信を持って仕事に臨めるでしょう。

“自己流”の技術では長続きしない

課題に向き合い、自ら考え、手を動かす

 「3ヶ月でやるには多い」と感じるカリキュラムかもしれません。

 C言語は学習コストが高い言語と言われていますし、私自身もC言語を理解するのに時間がかかった覚えがあります。 当社として最低限必要と考えているカリキュラムではあるのですが、3ヶ月で取り組むには少しハードルが高い研修といえるでしょう。

 会社としても、せっかく採用した新入社員をふるいにかけたいわけではありません。経験や理解度に応じて分かりやすい研修を心がけています。本人の努力が必要になる場面はありますが、フォローをしないということではありません。

 ハードルを下げるのではなく、乗り越えるためのサポートを目指しているのです。

 これが学校なら「昔の先輩がつくったノートが回ってきて、それを丸写しして提出すれば単位が取れる」なんてこともあるでしょう。情報学科では、変数と関数を少し修正すれば提出できるプログラムの雛形が、仲間内で出回っていたりもするそうです。しかし、当社の技術研修には、丸写しすれば事足りるノートも、直せば使えるプログラムの雛型も存在しません。

 技術者がスキルを身に付け、自分の仕事に自信を持つためには、直面する課題に向き合い、自分の頭で考え、手を動かし続ける以外に早道などないのです。

課題に向き合い、自ら考え、手を動かす

課題に向き合い、自ら考え、手を動かす

現場で物を言うのは、
ITプロフェッショナルとしての“気概”

 ソフトウェアとは、常に“完璧”を求められるもの。動作はしても、“気持ち悪さ”が残っているうちは最終形ではありません。一発で完璧なプログラムを書けるテクニカルスキルの持ち主などいませんが、どんな場合でも、細かいことへのこだわりと完璧をめざす意欲――つまりITプロフェッショナルとしての“気概”を、持ち合わせていたいものです。

 もちろん技術をバックボーンに持っていることが大前提ですが、現場で物を言うのが、この気概です。技術研修は、それを育み、磨く3ヶ月間でありたいと思っています。

S.T

1973年生まれ。大学卒業後、1997年に当社に入社。
組み込み/UNIX/オープン/Web系の各分野のプロジェクトを経験。
複数のプロジェクトリーダーを務めた後、2015年より“人材育成グループ”に異動。

現場で物を言うのは、ITプロフェッショナルとしての“気概”

pagetop